痛くても辛いと言わず、黙々と勤める肝臓にお礼

「呑みすぎて肝臓がキリキリする」

なかにはこのようなことをぼやいているあなたを見かけますが、俗称沈黙の五臓と呼ばれる肝臓が痛くなることはあり得ない談話で、たとえ厳しいなら生きるか死ぬかの間際に立たされて要るぐらいの気持ちで直ちに病院へ行くべきと思われます。しかしその場合も、腫れ上がった肝臓が周囲の筋肉をプレスし、それを疼痛と認識して掛かるケースがほとんどで、決して肝臓そのものは疼痛を訴えて欠けることを補足しておきます。

さて、そういった肝臓に安心し、たまには労わってあげたい、そんなふうにお気の方も多いことでしょう。そこで肝臓に効くマテリアル或いは養分は何か、これらにあたってお話ししたいと思います。

しじみ
オルニチンというアミノ酸を数多く含んである。肝臓を活性化すると同時に身体に有害なアンモニアの分解を促進することでも知られています。

イカ・タコ
疲労回復インパクトもあると言われるタウリンを摂取することができます。ただし、イカ・タコにはプリンボディが多いので、食べ過ぎれば痛風など別件での問題が発生する可能性もあることには要注意です。

最近は上記で述べた養分がコッテリ肝臓に効くサプリが多く出回ってある。毎晩飲んでいて肝臓の度合が心配、そんなふうに思われている手法は一旦ためしてみてはいかがでしょうか。ただし、一番重要なのは呑みすぎの日毎を見直すことであることはいうもありません。人となりが休暇なしで働けないのと同様に、肝臓にも休業の日が必要ではないでしょうか。http://www.td-dvd.com/